若い世代でも脱毛をする方が増えてきた。親の影響?

 

サロンや医療機関で脱毛をされるかたが増えてきていますが、中には未成年の利用者もとても多く見られるようになりました。

美容意識の低年齢化もそうですが、脱毛施術を誰でも安価で気軽に受けられるようになったことから、

 

自分が若いときにムダ毛の処理に苦労してきた親世代のかた達がそういった大変さを味わわせたくないと、子どもに積極的に施術を受けさせるというケースも珍しくありません。

 

光脱毛などには基本的に年齢制限が設けられていません。

 

肌にダメージを与えるものではありませんし、サロンによっては7歳から施術を受け付けている店舗もあるくらいです。

ですが、毛というのは成長に合わせてその量を増やしていきます。

 

第二次性徴期を迎えると毛が濃くなり、ワキやアンダーラインにも新たに毛が生えてきますから、

 

あまり早い段階に脱毛をしても成長とともに毛が再生したり、新たな場所から毛が生えてきてせっかくの施術が無駄になってしまうことが考えられます。

ですので、脱毛施術を受けるのは第二次性徴期以降がお勧めです。

 

ホルモンバランスが安定して新しく発生する毛の量も落ち着いてから施術を始めることで、肌をつるつるにすることができます。

女性の場合には12歳以降できれば18歳以降の体が成長しきってからのほうが効率的だといえるでしょう。